母乳育児

会陰マッサージにはカレンデュラオイルが効果的!会陰切開しないで出産できた口コミ人気!

投稿日:

会陰切開したくない!だから妊娠24週から、毎日会陰マッサージしてます。

 

助産師さん主催のプレママアロマ教室に参加した時に会陰マッサージも教わって、カレンデュラオイルが一番効果的!と教えてもらいました。

 

毎日会陰をカレンデュラオイルでマッサージしておくと会陰が良く伸びて、出産時に会陰切開しなくても赤ちゃんがでてくるそうですー(^^♪

>>妊婦さん専用の会陰マッサージオイル

カレンデユラオイルとは?

カレンデュラオイルは乾燥させたカレンデュラ(マリーボールド)の花びらをライスオイルとオリーブオイルにじっくり漬け込んで作った抽出液のこと。

  • 傷の治りが早い
  • 皮膚を保護する
  • さらさらでべとべとしない

会陰を伸ばす必要性

先日助産師の浅井先生主催のプレママアロマ教室@国領駅に参加して上手な会陰マッサージの仕方を習ってきました!

イギリスのキャサリン妃も閲覧されたという英国の産婦人科でつかわれているという出産の紙芝居をしながら助産師の浅井先生が赤ちゃんが下りてくるまでのストーリーを語ってくれました!

 

産道は6-8㎝あるのですが、初産の赤ちゃんは狭い産道を1㎝1時間かけて降りてくるようです。なので初産の妊婦さんの出産時間が10時間、20時間と長時間になるのは仕方がないとのこと。

 

あかちゃん、狭い産道を頑張ってすすんできてくれているんですねー!!

 

ママ、陣痛の痛みに耐えなければ( ゚Д゚)

ママもがんばるよー!

 

最後赤ちゃんが頭を出すときには子宮口10㎝!

グレープフルーツの大きさです!

Couleur / Pixabay

この時に赤ちゃんの出口の会陰がしっかり伸びないと、

会陰が裂ける

裂けると治りがおそくなるので切っちゃう。

産後トイレに行くのがつらい。

歩くのがつらい。

座るのが激痛(+o+)

 

会陰切開したくないよー!

 

効果的な会陰マッサージの方法

まずはオーガニック100%のカレンデュラオイルを用意。

助産師の浅井先生が原料を厳選していて妊婦さんに安心安全なオイル。

必ずコットンを使用。

手にオイルをつけてマッサージするとブドウ球菌がついていて雑菌がはいるので、清潔にまっさーじするためにコットンを使うとのことです!

コットンにひたひたにオイルを湿らせたら、(4-5プッシュくらい)

会陰(肛門と膣の間の皮膚)をコットンで軽くマッサーッジ!

使い終わったコットンは捨てずに、

ナプキンや織物シートに充てて使うオイル湿布をして眠りましょう!

なんと、このオイル湿布がすごーーーーーく効果的とのこと!

オイルが一晩中会陰にしみわたってよく伸びるようになるんですってヾ(≧▽≦)ノ

(夜中にトイレに行くときはうっかりコットンを便器に落とさないように、いったんナプキンシートにコットンをおいてから用を足してください)

 

会陰マッサージのタイミングはお風呂上りがBEST!

 

会陰マッサージをしたおかげで

会陰を切らずに出産できた!

という助産師浅井先生の生徒さんたちのお手紙も実際によませてもらいました~!

 

よし、効果があるなら、毎日頑張るぞー(^^♪

 

浅井先生が作ったカレンデュラオイルはこちらで購入できます。

>>会陰マッサージに使えるオイル

 

 







-母乳育児
-, ,

Copyright© 36才高齢出産ママ 無痛分娩 育児ブログ , 2018 All Rights Reserved.